別府の街が見渡せるホテル「悠彩の宿 望海」から田ノ浦ビーチに行ってみよう!えっ?こんな近くに観光スポット?

ABOUTこの記事をかいた人

小井明日香

温泉が大好きで、福岡県から大分県別府市に移住しました。 釣り自体は、数十年前に少しやっただけの超初心者ですが、温泉に関しては「温泉シニアマイスター」の資格を持つ温泉の専門家です。 現在は、温泉に関する記事をメインにしたフリーライターをやっています。 他にも心理カウンセラーの資格や飲食店での調理経験を生かした、心理系の記事やセラピストに関する記事・料理レシピなどの記事を書いたこともあります。 釣り場とコラボできる温泉記事を書いていけたらと考えています。
SPONSORED LINK

大分県の別府市には、北浜旅館街と呼ばれる場所があります。

以前ご紹介させていただいた「ゆわいの宿竹乃井」も同じエリア内にあります。

実は別府市は、市内にある郵便ポストよりも温泉施設の方が多いと言われるほど日帰り温泉施設には困りません。

共同浴場と呼ばれる、一般の場所で言う銭湯では無料~300円くらいで入浴でき、500円~1000円出せばホテルや旅館の温泉にも入浴できます。

温泉マニアになると、無料券や割引券を使い1000円あれば20湯は入浴できるという猛者もいるくらいです。

そんな別府市の北浜旅館街の一角に、「悠彩の宿 望海」はあります。

これから、「悠彩の宿 望海」と釣りスポットである「田ノ浦ビーチ」についてご紹介させていただきます。

SPONSORED LINK

まずは海沿いの展望露天風呂を体験してみよう!

「悠彩の宿 望海」は、展望露天風呂と2階に温泉がありますが、2階の方は運が良ければ入浴できます。

実は別府市には別府八湯温泉道というスタンプラリーがあり、56ヶ所のスタンプを集めて申請(申請料700円)すると、入湯無料&割引券と青いタオルがもらえます。

私の場合は、88湯巡って名人申請(申請料2000円)をしてもらっています。

名人の場合は、黒タオルで金の文字が入っています。

これはシステム的にそうしているのですが、システムを語ると長くなってしまうので、そういう券をもらえるのだ程度に思っていてください。(笑)

この券の無料券で「悠彩の宿 望海」があります。

興味のある方は、別府旅行の際に挑戦してみてくださいね。

それでは、「悠彩の宿 望海」の魅力についてご紹介します。

セキュリティはバッチリ!えっ?貸しタオル?

「悠彩の宿 望海」は、なんと無料の鍵付きロッカーがあります。

しかも、タオルまで貸していただけます。

小さいお子様は自分が管理する!

なんて鍵を持ちたがりますので、手首につけておくことができる鍵はありがたいですよね。

また、子育て中は少しでも荷物を少なくしたいのがお母さんの本音。

タオルだけでも貸していただけるのはありがたいですね。

アメニティが充実!好きなシャンプーを使ってみよう!

はい。右手に見えますのがガランでございます。

なんてバスガイドみたいにご紹介しましたが、実はガランにあるシャンプーとボディソープは数種類あるのです。

しかも、ボディソルトや洗顔料まであるのですから、大満足で体を洗えます。

この日は、お年頃の娘さんにおすすめの桜の香りがするシャンプーとリンスもありました。

えっ?すっぴんになっちゃうって?

大丈夫!あとはお父さんの運転する車で帰るだけなのだから、フロントを出るまで知ってる人に会わないように気を付ければいいの!

お母さん強いわ。(笑)

ちなみに私は、しっかりとすっぴんになって帰ろうとした所、思いっきり知っている人に会いまくったことがあります。

某友人が一言。

あなたっていつ見てもすっぴんだよね。

一応、出かける際は化粧しております。温泉に入る前までは……ですが。(笑)

やっぱり温泉でしょう!

はい。セキュリティだのタオルでのシャンプーだの言ってきましたが、「悠彩の宿 望海」の魅力は、何と言っても温泉です。

しかも、展望温泉です。

写真では壁があるじゃんという人もいますが、実際に行ってみると壁はそこまで高くありませんし、隙間から外の景色が見えます

かつて、この展望露天風呂から眼下に見えるきれいな砂浜を見て、この別府に移住を決めた福岡県民がいたとかいないとか。

そのくらいきれいな砂浜と別府湾を見ることができます。

もちろん、別府の街並みを見ることもできます。

なんで街中にガスタンクがあるの?

という不思議な光景も、別府ならではですね。

おっと温泉の紹介をしておりませんでしたので、豆知識をどうぞ。

※温泉豆知識
温泉の種類に塩類泉という名前のものがあります。

こちらは全部で3種類ありますが「悠彩の宿 望海」の泉質は、この塩類泉の中の「炭酸水素塩泉」と「塩化物泉」の成分が強い温泉です。

実は微量ですが、3つ目の塩類泉である「硫酸塩泉」の成分も感じられます。
(個人的経験による見解)

しかも、弱アルカリ性です。

塩化物泉は保湿成分が含まれている事でも有名です。

炭酸水素塩泉は、美肌の湯としても知られています。

そして、硫酸塩泉はお肌の健康に効果が期待できると言われています。

つまり、塩類泉が3つ含まれており、さらに弱アルカリ性。

温泉に詳しい方ならもうお気づきでしょうがかなりのトロトロ感がある温泉で、しかも湯上りのしっとり感がたまりません。

さらに、モール泉と呼ばれる古代の温泉も微量に含まれているため、湯船は岩風呂なのに木の香りが漂います。

展望露天風呂でこの温泉ですから、本当に極上の時間を体験できます。
極上すぎるため、冬の吹雪の日に入浴に行った温泉マニアがいますが、危険ですのであまりマネしないようにしましょう。

お風呂の後はやっぱりこれ!

温泉で極上の時間を過ごして、体がポカポカしている時に保湿するのは気持ち良いですよね。

特にホテルや高級旅館は、化粧水や乳液が置いてあることも多いですから得した気分になります。

いや。洗面台あるんだから、化粧道具持って行ってたらすっぴんだのなんだの気にしなくていいんじゃない?(笑)

はっ!確かに!

こちらの洗面台はドライヤーもありますので、頭を洗った後も安心ですね。

「悠彩の宿 望海」の基本情報!

住所 〒874-0920 大分県別府市北浜3丁目8-7
営業時間 11:00~15:00
営業時期 通年
電話番号 0977-22-1241(訪問前にお問合せしておくとスムーズです)
定休日 メンテナンスや掃除による休日あり
料金 500円(お子様半額)
駐車場 あり アスファルトの駐車場です
公式URL 悠彩の宿 望海 公式ページ
泉質 炭酸水素・塩化物泉

 

<悠彩の宿 望海 詳細地図>

「悠彩の宿 望海」アクセス

お車でお越しの場合

大分自動車道別府ICより「堀田温泉」を経由して富士見通りへ

国道10号線から別府タワーを目指していくと手前くらいに駐車場がある。

電車でお越しの場合

日豊本線「JR別府駅」下車

東口よりバスに乗るか徒歩で駅前通りを経由して北浜温泉街へ

別府タワーを過ぎスパビーチ寄りの場所にある。

バスでお越しの場合

JR別府駅東口より「鉄輪」「亀川」方面行のバスに乗車、「別府タワー前下車」。

「悠彩の宿 望海」から車で10分前後 釣りスポット「田ノ浦ビーチ」ご紹介!

車でと言いながら、車を持っていませんので自転車で行きました。

場所は国道10号線を大分駅方面へ進みます。

「うみたまご」や「高崎山」があります。

正確には高崎山はすごい迫力で国道10号線の真横にあるのですが、お猿さんと触れ合う場所の入口があるという意味です。

本当にここ、大分県の別府?

どこか南国なのじゃない?

なんて錯覚をおこしてしまいますが、この日は三寒四温の寒の日の夕方。

写真ではわかりませんが、かなり寒かったです。

整備されたきれいな公園です。

自転車で行ける場所にこんなとこがあったのだと嬉しくなりました。

寒くなければ最高でした。(笑

でも、別府湾が広がっていて、どんな魚が釣れるのか期待が高まります。

この写真の辺りが釣りスポットのようです。

夕方時は魚が釣れるのでしょうか。

竿を持った人がちらほらとやってきていました。

高崎山の入口と高崎山です。

うみたまごも見えるかな?

ぼんやりとですが、温泉まつりの火祭りで真っ黒になった扇山も見えます。

夏場は海水浴客でにぎわう場所だそうです。

近くに住んでいながら、全く知りませんでした。

釣り場を探すと、こういう今まで知らなかった発見があるのが良いですね。

実は自転車置き場は、海水浴シーズン以外は駐車禁止なのだそうです。

近くに行けませんでしたが、恋人たちの聖地がありました。

それにしても、田ノ浦ビーチは広いです。

意外と観光客が多く、ウォーキングしている人やお子様連れの家族もいました。

写真には撮れませんでしたが、大きな船があってお子様が探検気分で喜びそうです。

ちなみに、車の場合駐車場がありますのでご安心ください

なんで自転車の駐輪場は期間限定なんんだろ……。

田ノ浦ビーチでは何が釣れるの?

田ノ浦ビーチ自体は、釣り禁止の場所もありますので釣りができるのは堤防付近です。

ちょうど写真のあたりです。釣りをされる際は、ルールをしっかり守りましょう!

釣れる魚はアジやクロやヤズですが、秋から冬にはアオリイカも釣れます。

釣果に関係なく、温泉とセットで楽しみたいですね。

また、田ノ浦ビーチ自体も家族で楽しめる場所になっていますよ。

田ノ浦ビーチ 詳細地図

まとめ

いかがでしたか?

悠彩の宿 望海」と「田ノ浦ビーチ」についてご紹介させていただきました。

海水浴客でにぎわう釣りスポットとトロトロ感と展望露天風呂がたまらない温泉。

この2つのコラボは、正直結構大変でした。(笑)

実は田ノ浦ビーチは、大分市にあり悠彩の宿 望海は別府市にあります。

当初、田ノ浦ビーチは釣りスポットですが近くに温泉がないため、ご紹介できないかもと思っていました。

それを可能にしてくれたのは、数か月放置していた自転車でした。

もし、田ノ浦ビーチに自転車で行けたら、車で行けばすぐなのじゃないか?

その考えは的中し、今回の記事を無事書くことができました。

自転車には本当に感謝です。

放置していてごめんね。

また、近いうちに乗るからよろしくね。

と、自転車に感謝しつつ、今回の記事を読んでくださった方が、大分という不思議なおんせん県に行ってみようと少しでも興味をもっていいただけたら嬉しいです。

大分県別府市にある海の玄関口は釣りスポットだった!すぐ近くにあるかっぱのいるバラエティー温泉とは?

2019.04.02

別府温泉「ゆわいの宿竹乃井」日帰り温泉レビュー!絶景展望大浴場や家族風呂も

2019.02.06
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小井明日香

温泉が大好きで、福岡県から大分県別府市に移住しました。 釣り自体は、数十年前に少しやっただけの超初心者ですが、温泉に関しては「温泉シニアマイスター」の資格を持つ温泉の専門家です。 現在は、温泉に関する記事をメインにしたフリーライターをやっています。 他にも心理カウンセラーの資格や飲食店での調理経験を生かした、心理系の記事やセラピストに関する記事・料理レシピなどの記事を書いたこともあります。 釣り場とコラボできる温泉記事を書いていけたらと考えています。