【軽量コンパクト焚き火台おすすめ7選】釣りやソロキャンプで焚き火を楽しもう!

ABOUTこの記事をかいた人

朝空キャンプ

初めてキャンプをしたのは30年も前のこと。簡素なテントと雑な焚き火、手が炭で真っ黒になって、虫に刺されて、大変でした。それでも最高に楽しい思い出です。それからキャンプスタイルはいろいろ変わりましたが、焚き火の炎、風、満天の星、朝の空は今でも私を楽しませてくれます。そんなキャンプの空気が少しでもお伝えできれば幸いです。
SPONSORED LINK

釣りで1日水辺にいると体も冷えますよね。

冷えた体におすすめなのがコンパクトな焚き火台です。

最近キャンプで人気の焚き火台、グリルとして使えるものも多くあります。

中でもソロキャンパーが持っている焚き火台は、軽量・コンパクト設計で釣りに持って行くにも最適です。コンパクト焚き火台で冬でも快適な釣りを楽しみましょう!

SPONSORED LINK

軽量コンパクト焚き火台は釣りやソロキャンプに最適

コンパクト焚き火台は、焚き火をする台としてだけではなく、炭や薪を使ったグリルとしても使用できる便利なアイテムです。

大自然の中で暖もとれて調理もできる心強い味方、特に冬の釣りにはぴったりです。釣れた魚を焚き火で塩焼きなんて楽しみ方も出来ますよ!

また、コンパクトに収納できソロキャンプやツーリングなどでも持ち運びがラクラク!

釣り場の近くは焚き火に最適

水辺で焚き火をするのは防火的にも最適ですし、乾燥した流木など燃料となる薪も豊富です。

携帯浄水器があれば川の水で調理することも可能です。のんびり釣りを楽しみたい日には、コンパクト焚き火台を持って行くことをおすすめします。

補足
釣り場によっては、焚き火そのものを禁止している場所もあります。焚き火をする場合には、事前に確認を取り焚き火が可能な場所で行うようにしてください

軽量コンパクト焚き火台は携帯に便利

釣り道具で荷物はいっぱいで焚き火台なんて持っていけない」と思っている方、コンパクト焚き火台は、どれも小さくたためて持ち運びにも便利です。

バックパック一つで行くソロキャンプや荷物の制限があるツーリングなどでも活躍しています。

中には、ズボンのポケットに収納できるほどの超コンパクトな焚き火台もあり必見。

軽量でコンパクトに収納

ほとんどのコンパクト焚き火台は組み立て式で、重量も1kg以下のものも多数販売されています。

箱型のものや火床が網のものなど形もさまざまです。

ほとんどのコンパクト焚き火台は収納用の袋か収納ケースが付属していて、すぐにでもアウトドアへ持って行けます。

軽量コンパクト焚き火台おすすめの選び方とは

今やさまざまなメーカーから大小いろいろな焚き火台が出ています。

コンパクト焚き火台の選び方では、コンパクトに収納できるタイプはもちろんのこと、グリルを重視するのであればゴトク部分がしっかりしている箱型がおすすめ。

主に焚き火を楽しみたいのであれば薪を置く面の広いものがおすすめです。

焚き火のみならず、グリルで調理する場合には、焼き網や鉄板などが付属しているコンパクト焚き火台を選ぶと非常に便利。

釣りやソロキャンプに最適!軽量コンパクト焚き火台おすすめ7選

マックスブースト フォールディングウッドストーブ

商品名 フォールディングウッドストーブ
サイズ 17cm×17cm×高さ18cm
収納サイズ 17.5cm×18cm×1cm
重量 525g
材質 ステンレス
価格 メーカー公式:2,680円(税込)

Amazon目安価格:2,680円(税込)

特徴 無期限保証

 

フォールディングウッドストーブは4枚のパネルと底板を組み合わせるだけのシンプルな設計です。

四角い筒状になっているので、気流が下から上へと流れる煙突効果があり、強い火力が得られます。

横の焚き口から薪を入れるので、長めの薪も少しづつ燃やすことが出来ます。また無期限保証付きというのも魅力的です。

Amazonでマックスブーストの焚き火台を購入!

笑’s コンパクト焚き火台グリルB-6君

商品名 コンパクト焚き火台グリルB-6君
サイズ 21.5cm×12.2cm×高さ16.5cm
収納サイズ 18.1cm×12.2cm×1.8cm
重量 500g
材質 ステンレス
価格 メーカー公式:5,076円(税込)
Amazon目安価格:5,076円(税込)
特徴 収納サイズがB6用紙とほぼ同じ

 

収納サイズがB6用紙とほぼ同じサイズなので「B-6君」というわけです。

小さいけどバーベキューグリルとして十分な焚き火台です。

側面が開き薪や炭が追加できるので、専用のグリルプレートや網(別売り)を使うと一人用のバーベキューが楽しめます。

また、しっかりした脚が付いているので地面を焦がすことなく焚き火が出来ます。

釣りやソロキャンプに最適!コンパクト焚き火台グリルB-6君

鉄板プレートやステンレスグリル付きのB-6君4点セットならお得!

STC(エスティーシー) ピコグリル398

商品名 ピコグリル398
サイズ 38.5cm×26cm×高さ24.5cm
収納サイズ 33.5cm×23.5cm×1.3cm
重量 442g
材質 ステンレス
価格 正規販売店(WANDERLUST EQUIPMENT):13,100円(税込)
Amazon目安価格:18,180円(税込)
特徴 薄くて広い火床

 

スイスのメーカーSTC社の焚き火台です。

組み立て方がユニークで、2つ折になっているパネルをパッと開くと火床になります。

あとはフレームに取り付けるだけ。広い火床には大きな薪も乗せることができコンパクトな収納サイズからは想像もできないような本格的な焚き火が楽しめます。

二又のスピット(串)が2本付属していて、食材を刺して焼き物をしたり、ゴトクとして鍋やケトルをのせることができます。

最近芸人のヒロシさんがキャンプで使っていることでも人気が出ています。

ヒロシキャンプでも人気!ピコグリル398を購入

DOD(ディーオーディー) 秘密のグリルちゃん

商品名 秘密のグリルちゃん
サイズ 約34cm×30cm×高さ18cm
収納サイズ 約30cm×7cm×5cm
重量 約590g
材質 ステンレス
価格 オープンプライス
Amazon目安価格:5,351円(税込)
特徴 丸めてポケットに収納できる!

 

しっかりしたグリルですが、簡単に分解できコンパクトに収納することができます!

なんとスボンのポケットに収納できる大きさとは驚きです。

火床は1000℃まで耐えられる特殊耐熱メッシュで、取り外せばくるくると巻くことができます。

ゴトクにもなる焼網は一本一本取り外すことができお掃除も収納もらくらくです。焼網と火床の間がしっかり空いているので火の管理がしやすくなっています。

ズボンのポケットにも収納可能だからソロキャンプや釣り、ツーリングにも

秘密のグリルちゃんを少しだけ大きくした「秘密のグリルさん」余裕のあるソロキャンプにも。

ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト

商品名 ピラミッドグリル・コンパクト(1~2人用)
サイズ 約19cm×19cm×高さ15cm
収納サイズ 約24cm×18.5cm×3.5cm
重量 約1kg
材質 ステンレス・スチール
価格 メーカー公式:4,500円(税別)
Amazon目安価格:4,860円(税込)
特徴 組み立て時間およそ10秒

 

折りたたみ椅子のようにパッと広げて重ねるだけで設置ができる簡単設計です。

専用の焼網を使えばすぐにバーベキューができます。

薪を縦に入れるタイプで設置スペースもコンパクトに収まり、しっかりした脚が付いてるので、川原のごろごろした石の上でも設置できます。

少し重さはありますが、その分、ハードに使用しても大丈夫なくらい丈夫なつくりとなっています。まさにソロキャンプや釣りにおすすめ!

薪を縦に入れることができるから火を育てるのに便利!

キャプテンスタッグ  ヘキサ ステンレスファイアグリル M

商品名

ヘキサ ステンレスファイアグリル(M)

組み立てサイズ 約幅300×奥行265×高さ220mm

網サイズ(約):285×255mm

収納サイズ 約幅350×奥行330×厚さ55mm
重量 約1.8kg
材質 本体・底板:ステンレス鋼、バーベキュー網・目皿・スタンド:鉄(クロムめっき)
価格 メーカー公式:8,500円(税抜)

Amazon参考価格:3,776円(税込)

特徴 BBQと焚き火が両方楽しめる

 

焚き火台で焚き火デビューをしたい方にはおすすめのキャプテンスタッグ「ヘキサ ステンレスファイアグリル(M)」。

その特徴は収納トートバッグ付きで持ち運びが便利なだけでなく、形状が六角形のため薪や炭を入れやすい。

焚き火初心者でも、火力を保持しやすくまさに焚き火デビューにはうってつけ!

またBBQ用の網も付属しているため、ソロキャンプや釣りのお供に焚き火とBBQと一台二役で楽しめますよ。

「ヘキサ ステンレスファイアグリル(M)」のレビューはこちら!

【キャプテンスタッグ焚き火台レビュー】ヘキサ ステンレスファイアグリルMで焚き火をしてみた!

2019.12.19

ソト ミニ焚き火台 テトラ

商品名 ミニ焚き火台 テトラ ST-941
サイズ 幅88×奥行88×高さ79mm
収納サイズ 幅88×奥行80×厚さ4mm
重量 122g
材質 ステンレス
価格 メーカー公式:1,000円+税

Amazon目安価格:1,100円(税込)

特徴 ポケットサイズに収納できるミニ焚き火台

 

ソト「ミニ焚き火台 テトラ」は、重要わずか122g、組み立てサイズも高さ79mmほどしかない超コンパクト焚き火台です!

「釣り×キャンプ」や「ツーリング×キャンプ」などで、荷物を持ちたくないけど焚き火も楽しみたい方にはぴったり!

ポケットサイズだから、収納に困ることはありません。

よりコンパクトな焚き火台をお求めの方にはおすすめ。

SOTO(ソト)コンパクト焚き火台 テトラのレビュー記事はこちら!

【SOTOミニ焚き火台テトラレビュー!】釣りのお供に軽量・コンパクトな焚き火台で上手に火起こし

2019.11.01

軽量コンパクト焚き火台で冷えた体を温めるテクニック

軽量コンパクト焚き火台で焚き火をするだけでも、十分体は温まりますが、コンパクト焚き火台を使ってさらに温かさを増すテクニックを紹介します。

リフレクター(反射板)でより温かく

コンパクト焚き火台の周りにリフレクター(反射板)を設置します

炎の熱と反射した熱でより温かくなります

指向性が強く数人で暖を取るには不向きですが、一人用には持って来い。

風除けにもなり炎が安定します。市販のアウトドア用のウインドスクリーンに耐熱性の銀テープを張ってもリフレクターの効果は得られますよ。

リフレクターがあれば風除けにもなり火力が安定!

お湯を沸かしてホットドリンクやカップ麺

焚き火台のグリル機能を使って本格的な調理をするのも楽しいですが、そこまで手間や時間をかけられないという方は多いと思います。

手軽にお湯を沸かしてお好みのホットドリンクを作って飲むだけでも、体の中からも温まることができます。

カップ麺なども簡単でいいですね。

カップ麺やホットティーにしょうがを入れるとさらにぽかぽかになります。

軽量コンパクト焚き火台の使用で注意する点

自然の中で火を使うということはそれなりにマナーや注意が必要です。

自然や他の利用者のことを思いやる気持ちがあれば、特に難しく考えることはありません。マナーや注意点を守って楽しい焚き火をしましょう。

焚き火台の注意点!

  • 落ち葉の上では火を焚かない
  • 周りに火が燃え移るものは置かない
  • 最後は火に水をかけ完全に消す
  • 風の強い日は焚き火をしないことも選択肢に
  • 直火はNG
  • 焚き火禁止の場所もあるため事前確認する

軽量コンパクト焚き火台で釣りの時間をより贅沢に

焚き火の役目は暖を取ったり調理をするだけではありません。

自然の中で炎の動きを眺めているとリラックス効果も期待できます。

釣りの合間にコンパクト焚き火台を使ってホットコーヒーをいれ、水の流れる音を聞きながら炎を眺める。そんな時間を楽しんでみませんか。きっとリフレッシュして次のポイントへ行くことができますよ。

重量500g前後の超軽量コンパクト焚き火台

【重量500g前後】ソロキャンプにおすすめ超軽量・コンパクト焚き火台5選!自作にもチャレンジ

2020.04.02

SOTO(ソト)のミニ焚き火台テトラもおすすめ!

【SOTOミニ焚き火台テトラレビュー!】釣りのお供に軽量・コンパクトな焚き火台で上手に火起こし

2019.11.01

ソロキャンプにおすすめのキャプテンスタッグ焚き火台

【キャプテンスタッグ焚き火台レビュー】ヘキサ ステンレスファイアグリルMで焚き火をしてみた!

2019.12.19

【EVERNEW(エバニュー)チタンアルコールストーブレビュー!】釣りに使える?おすすめの使い方

2019.12.02

釣りに焚き火をおすすめする4つの理由!焚き火の楽しみ方や簡単な火のお越し方も紹介

2019.03.04

【ジェットボイルミニモレビュー!】高速湯沸かし&オールインワン設計で冬も快適ガスクッカー

2019.02.10

【まとめ】シングルガスバーナーおすすめ7選!選び方やOD缶・CB缶、分離型などタイプ別にご紹介

2019.02.23

ソロテントおすすめ5選!軽量・コスパ・人気ソロテントで釣りを楽しもう!

2019.03.05

ソロキャンプ・釣りにおすすめクッカー特集!美味しいご飯の炊き方も伝授。

2019.03.07

【モンベル・ストームクルーザージャケットレビュー!】釣り用にも洗濯OK&抜群の耐水性があるレインウェア!

2019.04.09

釣れない時はホッと一息!野外でおいしいコーヒーを飲む方法「モンベル・コンパクトドリッパー」の特徴と使い方!

2019.05.06

【インプレ】キャプテンスタッグ手挽コーヒーミルのおすすめ!分解・お手入れラクラク

2019.05.06

【必見】釣りやキャンプにおすすめの防水スマホケースの選び方!ハードタイプやソフトタイプなど。

2019.06.07

釣りにおすすめ車中泊の魅力と便利グッズ特集!車中泊入門ガイド

2019.08.14

【釣りやキャンプに携帯したい】ビクトリノックスのアーミーナイフおすすめモデル!

2019.08.15

ファーストエイドキットのおすすめや中身は?釣りや登山、災害対策に。

2019.08.16

簡単に味わえるお手軽燻製作り!自作の燻製器や簡単な作り方のポイントを紹介

2019.08.30

夜釣りにおすすめLEDヘッドライト9選!夜釣り・キャンプを明るく快適にする選び方

2019.06.05
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

朝空キャンプ

初めてキャンプをしたのは30年も前のこと。簡素なテントと雑な焚き火、手が炭で真っ黒になって、虫に刺されて、大変でした。それでも最高に楽しい思い出です。それからキャンプスタイルはいろいろ変わりましたが、焚き火の炎、風、満天の星、朝の空は今でも私を楽しませてくれます。そんなキャンプの空気が少しでもお伝えできれば幸いです。